ブログ処 『時麦』 ようやっと 忍者ブログ
ゲームネタ中心に日々雑事をつらつらと書いております。不定期更新中。



管理人
HN:
Quodra


4歳でビデオゲームに触れ、以来片時も離れる事なく傾倒し続けているアラフォーゲーマー。

<7月のヒトコト>
ヒトコト書く暇が出来たと思ったら7月終わるわorz







以下、文字クリックで開閉します。

<2017年購入ゲームリスト>
今年こそは買い控えするぞー(棒


<2017年購入PCゲームリスト>
ダウンロード率を減らさねばPCと懐が危うい(汗


<2017年購入CD&DVD&同人誌リスト>
欲しいものはまだまだ尽きぬ(マテ

Gamers Profile



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アマガミ』プレイ折り返し地点通過。



昨日の時点で、主要キャラ6人のベストエンド+隠しキャラクリア達成。
主要キャラは過去作『キミキス』同様、ルート別エンドがあるようなので
引続きそちらに取り掛かる予定。合わせてCG&イベントコンプも目指す
事にしとります。


しかし今回は1プレイがホント長い。
今までの同社の恋愛シミュレーション作品と比べると、時系列に沿って各
キャラのイベントアイコンを選んで進行させるという今作のシステムは、
行動のハズレがない分、割合スムーズに進める事が出来るようになっては
いるのだけれども、イベントの内容が一長一短なので、場合によっては、
1日を終らせるのにちょっと時間が掛かる事もあったりするのデスA-_-;)アセアセ

ボイスをオフってしまえば、音声が流れ切るまで待たずに済む分、もうち
ょいサクサク進むかもしれんスが、それではちょいと味気ないのでねぇA-_-;)アセアセ
まぁ同じオフでも、クラシック設定だとそれなりに味もあるから良かったり
しますけども。

でも、それ込みで考えてもゲームのクオリティは高いと思います。
プレイ中に見てきたどのイベントもキャラの魅力を十分に引き出している
ものばかりでしたし、会話パートもテンション、ターンごとに好みの話題
カテゴリが変わるから単調進行にならないし、全体的な作りは結構丁寧な
んではないかと。システム的にも、このテのゲームを殆どプレイしたこと
のないユーザーにとっても敷居が低いと思いますし。

そういった意味では、ジャンル自体の好みの問題はあるとは思いますが、
私的にオススメ出来るソフトかと。個人的には私的2009年度ベストゲーム
にノミネートするに足る良作かと。


ともかく今月中に終れるよう頑張りマッスル<( ̄^ ̄)>ムンッ


でも今日は、おそらく『デススマイルズ』をプレイする事と思われ(オイ
昨日から『~メガブラックレーベル』のコンテンツ配信がされております
ので・・・あいも変わらず意志の弱い私orz

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< HOME 既に >>
Copyright© 2007-2013 ブログ処 『時麦』 All rights Reserved


忍者ブログ [PR]