ブログ処 『時麦』 昨日の事 忍者ブログ
ゲームネタ中心に日々雑事をつらつらと書いております。不定期更新中。



管理人
HN:
Quodra


4歳でビデオゲームに触れ、以来片時も離れる事なく傾倒し続けているアラフォーゲーマー。

<7月のヒトコト>
ヒトコト書く暇が出来たと思ったら7月終わるわorz







以下、文字クリックで開閉します。

<2017年購入ゲームリスト>
今年こそは買い控えするぞー(棒


<2017年購入PCゲームリスト>
ダウンロード率を減らさねばPCと懐が危うい(汗


<2017年購入CD&DVD&同人誌リスト>
欲しいものはまだまだ尽きぬ(マテ

Gamers Profile



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人と連れ立って、恵比寿に行っておった私。



目的は、先日発売された『絶体絶命都市3~』を始め、いくつかのアイレム作品の
テーマソングを歌われている飯田舞さんのライブへ行く事。

先月、ソフトと同時に発売されたCD「アイレムテーマ曲コレクション キミの隣り
で・・・」
を購入しようと、アイレム横丁(アイレムHP内のアイレム関連グッズ通販
ページ)を覗いてみたところ、抽選でライブチケットをプレゼントしますとの文を
見つけ、何の気もなしに予約購入をしたら当選してしまったというA^_^;)アセアセ
しかもペアチケットだったので、どうしたもんかな~と思いながら、この話を友人に
して付き合ってもらうことにした、とA-_-;)アセアセ


以下、当日のタイムライン↓。



15:40 渋谷着


Q-FRONT前にて待ち合わせをしていたので、そこへ向かう。
日曜の夕方にもかかわらず、いつもより人が少ない印象。気のせいなのだろうか。

 

16:05 友人と合流


会場のオープンは18:30。それまでの時間潰しに渋谷センター街をブラブラ。
途中、起きてから何も食ってないから腹が減った、という友人の要望に従い、東急
近くの某ハンバーガーショップへ。

 

16:50 バーガーショップで雑談中


窓側の席にて食事をしつつ話をしていると、近くの席の女子2人が窓の外を見ながら
なにやら騒いでいる。なんだ?と思いつつ同じ方向に目を向けると、手提げバッグを
肩に担いでサクサク歩いているケンコバさんが。そういや、吉本の劇場近くだったな、
ココA-_-;)アセアセ

 

17:10 店を出て、一路、恵比寿へ


電車で行こうとも考えたが、たかだか一駅、しかもそれほど距離もないのに乗るのは
ちょっと・・・て事で、歩いて行く事に。

 

17:50 恵比寿着


時間潰しのためにのんびり歩いていたつもりだったが、思いのほか潰れていなかった
ので、駅近くのゲーセンに向かう。

ゲーセンに来たものの、何ゲームもやる時間はさすがにないので、じっくりプレイす
るゲームを吟味した結果、まだ一度もプレイしていない「THE KING OF FIGHTERS
XII」
をすることに。ちなみに友人は、なぜか新しいゲーム群に混じっておかれていた
「戦国ブレード」をプレイ。

その後、18:20頃に店を出て会場である「恵比寿 天窓switch」へ向かう。

 

18:30 ライブ会場着


到着した時には既に列が出来ていたので、そそくさと列の後ろに並ぶ。


が、10分程経っても動く気配がない。列を外れて前のほうを覗いてみると、どうやら
スタッフ側の方で入場整理に手間取っているらしい。結局20分程待ってようやく動き
があり、受付でドリンク代を払ってフライヤーを受け取り会場内へ。
席を確保した後、ドリンクバーでジンライムを頼み、グラスを傾けつつオープニングを
待つ。

 

19:10 ライブスタート


予定時間を10分ほど過ぎたところで開演。


オープニングアクトは武田翼さんというピアノ弾き語りを主体とされている方で、先日
リリースしたという自身のシングルCDから2曲、持ち歌から1曲を披露。かたやしっと
り系の曲、かたや軽快なポップソングだったのだが、いずれも詞のメッセージ性の強
さと武田さんの力強く、それでいて透き通るようなボイスに惹き込まれ思わず涙しそう
になった。


その後、武田さんと入れ替わりで今回のライブの主役、飯田舞さん登場。
今回のライブタイトルにもなっている「キミの隣りで・・・」のジングルを皮切りに、数曲
を披露。途中、ライブゲストの斉藤麻里さんというアコースティックギターの弾き語りを
主体にされている方が一曲披露し、その後、先の武田さんも加わり、御三方で「zoo
~愛をください~」
を熱唱。そして再び飯田さんにスポットが戻り、数曲を披露。ラスト
に今回のメイン曲とも言える「キミの隣りで・・・」を唄い、一度ステージからハケた後、
2回のアンコールに応え、ライブはつつがなく終了。


今回のようなライブハウスなどでのステージ活動を主にしているアーティストさんの
ライブへ来るのは結構久しぶりだったけれど、十二分に楽しむことが出来た。ライブハ
ウスというお互いの距離も近い場であるから、より一体感を感じられるし、何よりも、唄
っている御本人達やサポートメンバーの方々の楽しそうな表情がよく見られて、コチラ
もつられて楽しい気持ちになったし。飯田さんを始め、武田さん、斉藤さんのライブは、
機会があればぜひ行きたい、と強く思った。

 
22:00 ライブ会場を後に

 ・・・するつもりが、外はどしゃぶりの雨。
私、友人とも傘を持ってこなかったため、降りが弱くなるのを待ち、頃合を見計らって
駅の遊歩道まで猛ダッシュ。お互いに程よく濡れた状態で、改札付近で別れる。

 

23:10 帰宅


 


以上。

 

シメは最悪でしたが(涙
ライブ自体は思っていた以上に素晴らしかったです。やはりお互いの表情が見て取れ
るくらい近い距離というのはイイモノです。音の響き方といい、アーティストの歌声とい
い、まるで全身が耳にでもなったかのようにズシッとキますから。

個人的に、ライブのメインをはられていた御三方に加え、サポートメンバーとして参加
されていた、サックス奏者のTsubo-kenさんが紡ぐ旋律にもハートを揺さぶられ、すっ
かり魅了されてしまいました。今度は氏個人のライブで聴きたいな~と^^

 

そんなわけで、ナンダカンダありながらも充実した1日なのでした<(_ _)>

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。ライブに行ってきたんですか。正直アーティストの方を知らないですが、生歌、生演奏って聞くと感動しますよね~。最近ライブなんて行ってないです(ーー;)
isonya URL 2009/05/28(Thu)00:18:35 編集
isonyaさん>どもです^^
↑でネタにしているアーティストさんはストリートを中
心に活動している方々なので、ご存じないのもムリはな
いかもです。飯田さんは『絶体絶命都市3~』以外のア
イレム作品でもテーマソングを歌われていたりしますが、
正直、私も絶体~で初めて知ったくらいですのでA-_-;)アセアセ

今回のライブは、メジャーアーティストのように多人数
集客出来るような会場で行われたものではないですが、
それだけにお互いの距離が近いこともあってか、より曲
の良さというのをひたに感じました。途中、本気で泣き
そうにもなりましたからA^_^;)アセアセ

私も今回のようにライブに行くのは学生時分以来でした
が、やはりCDで聴くのとでは印象が変わりますね。身
体全体で音を感じられるというか。機会があればまた行
きたいです^^
Quodra@管理人 【2009/05/29 11:27】
無題
アイレムの選曲眼は、やっぱり素晴らしいですね。そんなアイレムさんには、ラブコールを蹴られてしまいましたが……。

ライブ……。今年の東京ゲームショウでは、アイレムのブースで歌ったりするのか。多分行かないけれども、それだけが気になってたり。
仮面ライター URL 2009/05/31(Sun)08:51:42 編集
仮面ライターさん>どもです^^
ゲームに関しても楽曲に関しても、結構イイトコ突いて
くるのがアイレムらしいというかなんというか。何だか
んだいって好きなタイトルが結構多いです私。

現在のメーカー求人率ってどんな感じなのでしょう。
以前に比べて、やはり落ち込んでいるのでしょうか・・・
現在の不況の煽りは多方面で影響を与えていますしねぇ。
早いトコ、国に建て直しを図って頂きたいトコですが、
首相が・・・ねぇ・・orz


昨年のTGSでは、件の飯田さんのストリートライブが行
われていましたが、今年はどうなのでしょうねぇ。何か
新作とのタイアップがあれば可能性は無くはないと思い
ますけれども。いずれにしても当日確認してくるつもり
ですΣ\( ̄□ ̄;)イクンカイ!
Quodra@管理人 【2009/06/01 17:36】
無題
羨ましい出来事ばかり
私も歌聞いてみたいですわ~(´・ω・`)

カーリー URL 2009/05/31(Sun)20:29:42 編集
カーリーさん>ならば
http://www.jam-st.ne.jp/usp/produce/iidamai/iidamai.htm

↑にて曲を視聴して心を癒してくださいまし<(_ _)>
そして気に入ったらCDを買いましょう(オイ
Quodra@管理人 【2009/06/01 17:45】
Copyright© 2007-2013 ブログ処 『時麦』 All rights Reserved


忍者ブログ [PR]