ブログ処 『時麦』 『最適』なプラットへの移植となるか? 忍者ブログ
ゲームネタ中心に日々雑事をつらつらと書いております。不定期更新中。



管理人
HN:
Quodra


4歳でビデオゲームに触れ、以来片時も離れる事なく傾倒し続けているアラフォーゲーマー。

<6月のヒトコト>
私物置き用にもう一部屋欲しい...。







以下、文字クリックで開閉します。

<2017年購入ゲームリスト>
今年こそは買い控えするぞー(棒


<2017年購入PCゲームリスト>
ダウンロード率を減らさねばPCと懐が危うい(汗


<2017年購入CD&DVD&同人誌リスト>
欲しいものはまだまだ尽きぬ(マテ

Gamers Profile



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の春頃、グラスホッパーマニファクチュアの処女作にして
名作と謳われている『シルバー事件』のDS移植が発表された。
加えて、携帯で配信されつつも未完のままで止まってしまって
いる『シルバー事件25区』も移植されるとの事。


その流れからなのか、続編的位置づけに当たる『花と太陽と雨と
もDSに移植されるらしい。

・・・・・・なんでDSなんだろか(汗

シルバー~』においてのポリゴン仕様はステージ構成くらいで
大方は一枚絵で彩られているからともかくとして、『花と~』は大半
がポリゴン構成である。
・・・DSのポリゴン表現て微妙だったと思うのだが(汗
実際、以前に発売された『BIO HAZARD DS』とかみても、明らかに
表現仕切れてないような気がするんだが・・・。

さらにいうと、『シルバー~』『花と~』の両作とも、その作中に
流れる曲のクオリティが高く、『シルバー~』に至ってはサントラが
重版されるくらいに人気が高い。
・・・DSの音回りてそんなに環境よかったのだったか?(汗
確かにDS作品でもヨイ曲は沢山あるのだが、据置型に比べると携帯機
特有の若干フィルター掛かった音調が目立つ。
元のサウンドがクリアーなモノだっただけに、DSで生かしきれるのか
どうか、非常に微妙なところである。

現行で一般的に普及している携帯機では、DSに基本搭載されている機能
は多彩で、ソレを生かした作品は多くある。
現在流れている情報では『花と~』には、そんなDSの機能を生かした
ギミックがイロイロ盛り込まれるらしい。
しかし、機能面に特化しすぎてグラフィックやサウンド面が少しおざなり
になるのではないか?と、どうしても懸念が生じる。
果たしてどんな仕上がりになるのだろうか・・・。

ともかくやってみない事にはなんとも言えない。
花と~』は2008年の春頃リリースとの事なので、それまでは動向を
見守る事としよう・・・というか

『シルバー~』が先に出ないのは何故?(汗

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
今は何でもかんでもDSですからね~。
そんなに携帯機で出したいなら、せめてPSPの方が高性能でいいと思うんですけどね( ´ノω`)コッソリ
DSのゲームというと、どうしても「お手軽」というイメージが浮かんでしまいます。
いさ虫 URL 2007/12/13(Thu)05:35:16 編集
いさ虫さん>ですよねぇ
元々、どっちもPS、PS2をプラットにしているタイトルですから、
向上はないにしろ割合そのままのクオリティは残る物と思うの
ですけどもねぇ。
機能性からいくとDSは断然多機能ですが、かといってソレに
固執してしまうのもどうなのかな?と。

と、なんだかんだ言って、結局購入してしまうんでしょうが私(汗
Quodra@管理人 【2007/12/21 11:49】
Copyright© 2007-2013 ブログ処 『時麦』 All rights Reserved


忍者ブログ [PR]