ブログ処 『時麦』 てなワケで 忍者ブログ
ゲームネタ中心に日々雑事をつらつらと書いております。不定期更新中。



管理人
HN:
Quodra


4歳でビデオゲームに触れ、以来片時も離れる事なく傾倒し続けているアラフォーゲーマー。

<6月のヒトコト>
私物置き用にもう一部屋欲しい...。







以下、文字クリックで開閉します。

<2017年購入ゲームリスト>
今年こそは買い控えするぞー(棒


<2017年購入PCゲームリスト>
ダウンロード率を減らさねばPCと懐が危うい(汗


<2017年購入CD&DVD&同人誌リスト>
欲しいものはまだまだ尽きぬ(マテ

Gamers Profile



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『Sonic's Ultimate Genesis Collection』をちまりちまりと
動かしております。



北米版メガドライブタイトルを詰め込んだものとは言え、その
殆どは国内でもリリースされたものですので、新鮮味はナイに
しても、懐かしさで一杯になります^^


一応、箱○版を購入していますので実績もありますが、今作に
関してはほぼオマケみたいなもので、一通りプレイしていれば
普通に解除出来るものばかり。ちょっと大変かな~と思うのは
改変版『ぷよぷよ』のオールクリアくらいでしょうか。


ともあれ、とっかえひっかえプレイしておる状況。
とりわけ『フリッキー』『ソニック・スピンボール』に大ハマリ。


て事で、簡単にその2作品のご紹介をば<(_ _)>


 

ゲジェネシス版フリッキー
















FLICKY/1991※アーケード版初出は1984年

母鳥を動かしてステージ内で迷子になったヒヨコを回収し、出口に
連れ帰るアクションゲーム。


本作はその見た目の可愛さと少々クセのある操作性から、現在でも
人気の高いセガタイトル。初出のアーケード以外にも、コンシュー
マー機やマイコンを含めたPCゲームにもプラットを持っているので
プレイしたことはなくともゲーム自体は知っている方が多いのでは
ないでしょうか。


操作法はキーの左右とジャンプボタンのみと実にシンプル。
ただシンプルゆえにハマリ度は高く、当時ゲーセンに気軽に行ける
年齢ではなかった私は、後に発売されたSG-1000Ⅱ版をやり込んで
おりました。

 

ソニック・スピンボール













 


SONIC THE HEDGEHOG SPINBALL/1993

アクションゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の舞台をピンボール
に移した、一風変わった作品。ボールになったソニックを動かし、
宿敵Dr.エッグマンを倒す事が目的。


舞台はピンボールになりましたが、ステージのギミックなどはソニ
ックらしさを踏襲しており、アクションゲームの時と変わらぬスピ
ード感があって、その辺りは普通のピンボールゲームとは違うとこ
ろかと。


本作は各ステージ毎にボスキャラがおりまして、撃破したら次のス
テージに進めるのですが、このボスキャラ出現条件というのが少々
面倒なモノでして(汗


各ステージには、ソニックシリーズでおなじみのカオスエメラルド
が数個存在しまして、その全てを獲得することがボスキャラ出現の
条件なのですが、その場所が分り辛いやら、取り辛いやら・・・単純に
フリッパーのテクニックも必要になってくるので、慣れない内は1ス
テージ目をクリアするのも大変だったりします(汗
事実、未だに1ステージ目をクリアできていない私orz

 


ちなみに現在、コレ以外にも先日急にプレイしたくなったXLA版の
『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』をダウンロードして進行中
なので、すっかり箱○ライフを満喫しております。おかげでWiiを
始め他のハードのゲームが手に付かないったらA-_-;)アセアセ


来週にはPS2で『KOF2002UM』も発売されるので、ソレに専念できるよ
うボチボチ他ハードのソフトも消化していかなければなぁ、と思っ
ている今日この頃なのでしたorz

 

それでは本日はコレにて<(_ _)>

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。早速楽しまれていますねw

40もある中のお気に入りがこの2作とは少々意外でした。

『フリッキー』はアチラでは単品発売されましたが、国内ではメガCDの『ゲームのかんづめ』に収録されたのが初かな?

『ソニックスピンボール』はデジピンファンとしてもソニックファンとしても納得できない私的には評価の低い作品です。

SSなんで本作には当然収録されていないのですけど、『ソニック3Dフリッキーアイランド』が地味に面白くておススメです。難しいですけどね。
影男 URL 2009/02/19(Thu)18:03:33 編集
影男さん>意外ですか~A^_^;)アセアセ
今でこそアレやコレやと様々なジャンルに手を出している
私ですが、元を辿れば初めて触った家庭用ゲーム機はセガ
のSG-1000Ⅱでしたからね。こういうシンプルだけどやり
込み甲斐のある作品は当時相当やり込んでましたので、年
を重ねた今でも大好物なのですよ^^

『~スピンボール』も実機で割とやっておりましたが、当
時も1面で詰まっておりましたので、ソレの反動もあってか
ハマっている次第でございます<(_ _)>

ちなみに話されている『ソニック3D~』は『Sonic 3D BLAST』
というタイトルで収録されております。本作は件のSS版が出る
まではジェネシス版のみでしたからね、知名度はあまりなかっ
たかとA-_-;)アセアセ

とりあえず敵に攻撃しようとジャンプしたはいいものの、軸が
ズレてて結局コチラがダメージを受けてしまうのはもう勘弁し
てくださいorz
Quodra@管理人 【2009/02/21 09:45】
Copyright© 2007-2013 ブログ処 『時麦』 All rights Reserved


忍者ブログ [PR]