ブログ処 『時麦』 さてさて 忍者ブログ
ゲームネタ中心に日々雑事をつらつらと書いております。不定期更新中。



管理人
HN:
Quodra


4歳でビデオゲームに触れ、以来片時も離れる事なく傾倒し続けているアラフォーゲーマー。

<7月のヒトコト>
ヒトコト書く暇が出来たと思ったら7月終わるわorz







以下、文字クリックで開閉します。

<2017年購入ゲームリスト>
今年こそは買い控えするぞー(棒


<2017年購入PCゲームリスト>
ダウンロード率を減らさねばPCと懐が危うい(汗


<2017年購入CD&DVD&同人誌リスト>
欲しいものはまだまだ尽きぬ(マテ

Gamers Profile



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予定より2日遅れになってしまったが、先週末に潜入した
TGSのレポート・・・というより感想を。


行く前は、当ブログにてイロイロ見たいものを挙げていた
のだが、実際見たり動かしたり出来たのはほんの一部だけ
だったりする。というのも、軒並みどのブースも混雑っぷり
がハンパなかったのである。

昨年では、一部のブースを除き、さほど時間をかけずとも見て
周れるくらいだったのが、今年はどのメーカーのブースでも、
人、人、人。昨年に比べ、来場者数が増加しているのは明らか
である。

そんなわけで、私の中で「コレだけはハズせない!」と思った
ものだけ見ることにして、あとはパンフレットのみ頂く作戦に
切り替えた結果、じっくり見たり触ったりしたのはEA GAMES、
SNKプレイモア、アイレムブースのみ。他は一切見ることもなく
終了した。

とりあえず見たもの、触ったものの感想を。


<EA GAMES>

発表以来ずっと注目していた、一人称視点の3Dアクションゲーム
『Mirror's Edge』を体験プレイ。

画面は実写と見紛うくらいの美麗さを誇り、FPAということもあり
まるでその世界にいるかのような錯覚さえ覚えてしまう。

デモムービーでは軽快に動いているものの、実際のプレイ時は多少
重くなるのではないか?とも思っていたのだが、そんな事は微塵も
感じることがなく、操作周りはかなり快適。ビルからビルへジャンプ
で飛び越えたり、壁を走って穴を越えたりなど移動アクションもさる
ことながら、敵との対峙時でも、相手の拳銃を掴んで落とし、さらに
蹴りを加えてダウンさせたりなど、モーションは多彩。

国内での発売は12月11日。
発売日が実に待ち遠しい。

他にもスポーツゲームなどが並んでいたようだが、興味はなかったの
でスルー。

 

<SNKプレイモア>

以前にもネタにさせて頂いたが『KOF2002』のリメイク版が出展タイト
ルに並んでいたので嬉々としてブースへ。

内容は、既に発売されている『KOF'98 UM』と同様、『KOF'99』から
『KOF2001』までの、ネスツ編に登場したキャラが揃っており、また
新ステージなど一部追加。

体験時には見られなかったが、おそらくクリザリッド、ゼロ、イグニス
などのボスキャラも使用できるようになるのではないかと。また、新規
追加キャラとしてNAMELESSがいるのだが、動かしてみた感じ、強化版K9
999といった具合。実際、選択キャラの中にはK9999がいないので、コレ
が代替キャラなのだと思われる。

発売日は2009年を予定との事。
コレも後追いでXLAで配信されたりするのだろうか・・・。


その他には『ADK魂』やXLA版『KOF'98 UM』などがプレイアブル出展。
そして来年4月よりアーケードでの稼動が予定されている『ザ キング
オブ ファイターズ トゥエルヴ』
の試遊台も設置されていた。

 

<アイレム>

TGS来場前、てっきりプレイアブル出展かと思っていた『絶体絶命都市3』
なのだが、行ってみれば映像のみの公開orz
そのかわり(なのかどうかはわからないが)、地震車体験コーナーが特設
されていた。ちなみにコレを体験した人には、もれなく『絶体絶命都市3』
の缶バッジが配られた。

さらに、今作の主題歌を歌っている飯田舞さんのストリートライブも行われ
他のアイレム作品の挿入歌なども歌っていらっしゃる方だったようで、パチ
パラや不如帰の曲も披露されていた。

今回のアイレムブースは、実際にプレイアブル出展になっていたのは、PS3用
Playstation@Store配信ソフト『みんなのスペランカー』のみ。絶体3がプレ
イアブルでなかったのが少々残念ではあるが、イベントや配布物で満足できた
ので良かったかな、と。

 

・・・えーと。


以上で終了orz


カプコン、コナミ、バンナムブースは何回か前を通り掛かったのだけども、と
にかく人がい過ぎて・・・(汗

『アイドルマスターSP』の試遊台に到っては180分待ちとかなってたし(滝汗
モンハン3、バイオニックコマンドー、逆転検事も人で溢れかえって何も見えな
いし(涙
『悪魔城ドラキュラJudgement』なども画面なんて見えないし(号泣

さらに出展すると思っていたエビさんの『アマガミ』は出てないしorz


結果的に全然見れなかった今回のTGS。
だが、どうしてもチェックしたいタイトルだけはしっかりと見ることが出来たの
で、それほど不足感はなかったり。あとは情報誌やネットなどで情報を補完でき
れば問題なく。


そんなわけでご報告は以上。
期待されていた方には非常に申し訳なくorz

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
やはりあんま見れませんでしたか( ̄▽ ̄;)
流石に1日だけでは無理でしょうね今年のTGSは。
うちの兄貴も3日行ったのにモンハン3とかの試遊出来なかったらしいっす(汗)
So4だけやってきたみたいですが・・・。

しかし今年は全然廻れないのも仕方ないですね・・・。
皆が期待してる作品多かったでしょうし( ̄▽ ̄;)
LieN URL 2008/10/14(Tue)11:52:05 編集
LieNさん>注目作ラッシュ
シリーズモノ、話題沸騰モノなど珍しくタイトルが
集中して出展されてましたし、おそらく昨年よりも
人が増えているであろう状況からして、ブース1つ
1つをしかと見ることは、非常に困難なのではない
かと思います(汗

3日ということはビジネスデー込みでいらっしゃった
のでしょうか?それでも試遊出来ないってことは、今
年は相当な動員数だったのでしょうねA ̄~ ̄;)アセアセ

ちなみに↑でも書いておりますが、アイマスSPの180
分待ちは、一応プレイヤーの端くれである私も若干引いて
しまいました・・・ちょっと触るだけで3時間て(滝汗
Quodra@管理人 【2008/10/17 09:17】
無題
お疲れ様です~。
σ( ̄  ̄〃)はゲームショウは1度だけ行った事がありますよ~。・・・藤崎詩織のうちわを貰うために行ったというのは内緒です( ´ノω`)コッソリ

アマガミは出展なしですか~。残念_| ̄|○

しかし一般ニュースでもゲームショウの事が報道されるのはいいのですが、最近は芸能人の発表会みたいに感じてしまうのですが・・・
いさ虫 URL 2008/10/14(Tue)15:12:24 編集
いさ虫さん>発表会ですかA^^;)アセアセ
そう仰られると、確かにそう思える点も多々ありますが
そこはそれ、あえて気にしないフリでひとつ<(_ _)>
・・・そういえば当日は、テクモブースのイベントステージ
で木下優樹菜を見かけました。やはり発ぴょ(以下略

詩織団扇のために参加されていたとは・・・(汗
よくよく考えたら昔ってオリジナルグッズを配布しているブー
スって多かったと思うのですよね。団扇は当然の如く、他には
クリアファイルとか缶バッジとかストラップとか・・・今も配って
いるところは配っていますけど昔に比べればかなり少なくなりま
したね。

いさ虫さんのコメを受けて、過去に『TLSファンディスク』発売前
のTGSへ行った際、ポケステ持参でアスキーブースへ行き、ミニゲ
ームをダウンロードすることに躍起になっていた事を思い出して
しまいました・・・封印しとくべきだったな、この過去orz
Quodra@管理人 【2008/10/17 09:34】
無題
お疲れ様っした~。
ああいうイベントは人がすごいですからねぇ。
時間が限られちゃうとどうしても回れるところが減りますよね。
もっと回るためには一般参加両日とも時間取らないと無理っぽいんだろうなぁ。
とりあえず目的のものが見れたのは何よりです。
穿焔 2008/10/14(Tue)20:45:08 編集
穿焔さん>今回は
仮に両日行ったとしても、しかと周れたかどうか・・・。
注目タイトルが多く出展された事もありますが、とにかく
人が多かったですし、どのブースも人がいっぱいやら待ち
時間ハンパねぇやらで(大汗
ホントはカプコンブースだけはしっかり周りたかったので
すけどもね、並ぶ事さえままならず(滝汗

格闘ゲーム関連はわりと回転が良いので、それだけは救い
でした。とりあえずKOF関連は漏れなく購入させて頂く予定
でございます^^
願わくばXLA版『KOF'98UM』で箱フレトーナメントをしたい
トコです( ̄人 ̄)ムムン
Quodra@管理人 【2008/10/17 09:48】
Copyright© 2007-2013 ブログ処 『時麦』 All rights Reserved


忍者ブログ [PR]