ブログ処 『時麦』 ひとまず 忍者ブログ
ゲームネタ中心に日々雑事をつらつらと書いております。不定期更新中。



管理人
HN:
Quodra


4歳でビデオゲームに触れ、以来片時も離れる事なく傾倒し続けているアラフォーゲーマー。

<7月のヒトコト>
ヒトコト書く暇が出来たと思ったら7月終わるわorz







以下、文字クリックで開閉します。

<2017年購入ゲームリスト>
今年こそは買い控えするぞー(棒


<2017年購入PCゲームリスト>
ダウンロード率を減らさねばPCと懐が危うい(汗


<2017年購入CD&DVD&同人誌リスト>
欲しいものはまだまだ尽きぬ(マテ

Gamers Profile



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『DEMENTO』1週目終了。
なかなかの強敵であった(汗



感想を書く前に、本作の基本システムについてご説明をば。

 

[歩く/走る]

通常移動時は走る事が主体となるが、サイレントヒルシリーズ同様
走りすぎると疲れてしまい動作が遅くなる。また本作の場合、疲労
状態=体力減少状態なので、そういう時に追跡者に発見されるとか
なり厄介、最悪ダメージを食らってゲームオーバーになる場合も。
アイテムなどを使用しつつ、極力疲労状態にならないようにするの
がベターである。


[キック(タックル)/バックステップ]

キック(タックル)は、敵(追跡者)への攻撃、崩れそうな壁など
を破壊するなどの用途がある。ちなみに攻撃方法としてのキックの
ダメージ値は微々たるものなので、物語中途からパートナーとなる
ホワイトシェパードのヒューイと共に行動する以外では、逃げた方
がよい。バックステップは・・・正直使いどころがあるのか否か(汗
ダッシュ無しタックルをするときくらいしかないような・・・(滝汗


[しゃがむ]

追跡者の追跡を逃れる方法として、チェストやベッド下に隠れる事
が出来るのだが、その他にも開いたドアの陰、カーテンの後ろでし
ゃがむことで隠れることもできる。追跡されている状態で隠れた場
合、カメラが追跡者を追う形に切り替わり、行動を探ることが出来
る。ちなみに隠れたからといって必ず見つからないというわけでは
ないので注意。

 

[体力値・パニック値]

画面上には表示されないが、フィオナには体力値、パニック値が設定
されており、前者は走ったり、敵からのダメージを受ける事で減少、
後者は追跡者に追われたり、同じくダメージを受けたりする事で上昇
する。

体力値は↑の[歩く/走る]で書いたそのままなので省略。

パニック値はある程度蓄積すると、画面にモノクロ色が混じり始め、
走っていると途中で躓くようになる。そしてMAXになると、フィオナの
悲鳴を合図にパニック状態となり、常に走り状態となり、躓きに加え壁
やドアなどの障害物にぶつかるとひるむようになる。また、この状態の
時は何もしなくても走り続けてしまうため、かなり操作し辛くなる。
ちなみにこの時はアイテム使用不可になるので、パニック状態になったら
ひとまず逃げて、状態が落ち着いたらアイテムを使用して回復するとよい。


[ヒューイ(犬)]

同行者となるヒューイはNPCなので、コチラから命令を出して動かすのが
基本。敵を攻撃したり、穴へ潜らせてアイテムを取ったり、辺りを嗅がせ
てアイテムを探させたり、用途はイロイロ。ヒューイには友好度が設定さ
れていて、これが低い状態だとコチラの言う事を聞いてくれない事がある。
なので、ある一定の動作をさせた時(例えばアイテムを探させた時など)に
褒めてあげたり、ボールなどで遊んであげて友好度を上げておく事が吉で
ある。

 

大体、基本的にはこんなトコロ。
このテのゲームにしては珍しくイロイロと制約が多かったりして、解くの
は割と難儀な印象である(汗

謎解き自体は大したレベルではないのだけども、とにかく追跡者が鬱陶し
すぎて、途中何度投げ出しそうになったことか(汗
ちなみに敵となる追跡者は総勢5人ほどおり、1つのシナリオ内で決着をつけ
たら次へ、それを倒したらまた次へとキャラが入れ替わっていく仕様になって
いる。追跡スピードはモチロン攻撃方法もそれぞれ異なるので、場面に応じて
対処法を変えないといけないため、ホント大変なのである(滝汗

特に3人目の追跡者となるリカルドは、移動速度が早いことに加えて銃撃によ
る攻撃を仕掛けてくる為、かなり鬱陶しい。その上、後半になると銃による攻撃
はなくなるものの、姿を消して追いかけてくる為、撃退するのも困難になってく
る。コイツに何度苦渋を舐めさせられたことか・・・orz


ま、なにはともあれ無事クリア出来たわけで。
ちなみにクリア時のリザルトはこんな感じ。


dement.jpg

 











 

各項目の詳細は以下の通り。



ENDING(エンディングの種類)
TIME(クリアタイム)
DOG LEVEL(ドッグレベル)
PANIC(パニックになった回数)
ITEM(アイテム入手率)
CRITICAL HEWIE INJURIES(ヒューイが倒れた回数)
ENEMIES DEFEATED(追跡者を倒した回数)
TYPE(プレイタイプ)


ひとまずこれで[ハードモード][シークレットルーム]が開放、コスチューム
も何点か追加された。というわけで、早速ハードモードにて2週目を開始し
ている。

ちなみに追加されたコスチュームに〔Cow Girl〕というのがあり、コレに着
替えると



dement1.jpg
















 

dement2.jpg 

















かなり場違いな人に(滝汗


そして揺れ方が更に目立ちまくるというワナ(汗

まぁ、見た目だけでなくて、攻撃方法がキックから銃に変わったりもしてい
るのだけども


・・・いいのか?カプコン(汗

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちわ♪
『DEMENTO』は犬好きの友達が買って、少しだけプレイさせてもらいましたよ。
あんな怪奇な館であの衣装、あのバストの揺れは反則ですよね(笑)。
私も友人も途中で投げ出しましたが、Quodraさんはちゃんとクリアされたのですね、さすがです☆
しかしクリア後に選べる衣装・・・無防備すぎですねぇ(滝汗)。
ろくた 2008/12/06(Sat)11:34:07 編集
ろくたさん>犬との触れ合いが大事です^^
通常のTPAですと、同行者はついてくるのみなのが常で
すが、今作は命令してあれやこれやさせないとゲームを
進める事が出来ませんからねぇ。ホント大変でしたA^-^;)アセアセ

プレイ動画など端から見てると、どうにも揺れに注目してしまい
がちですが(でもないか(汗)、自分が動かしている場合、正直
そこを気にしている余裕がなかったり(汗

しかし、あの揺れといい、見えそうで見えない短さといい、どう
考えても狙ってやってるようにしか見えないのは気のせいでしょ
うか?(汗
しかも↑でご紹介している[Cow Girl]以外にも[Bontage(女王様ス
タイル)]なんてのもありますし・・・イロイロ危険(?)が潜んで
おりますよこのゲーム(滝汗
Quodra@管理人 【2008/12/08 09:46】
Copyright© 2007-2013 ブログ処 『時麦』 All rights Reserved


忍者ブログ [PR]